諸事情により公開が遅くなりましたが・・・

4ヶ月ほど前に医学書院さんから「手術を評価するアウトカム」という書籍を発刊させていただきました

前作の手術に役立つ臨床研究ではかなりベーシックな内容を扱っていましたが、その続編としてアウトカム研究についてまとめてみました。

患者の症状やQOLをアウトカムにした研究を計画している方、術者の技術やラーニングカーブについて研究したい方など、未解決な問題も多いのですがぜひ一読いただきご批判をいただければと思います。

目次
序章 プロローグ
第1章 アウトカムリサーチとは
第2章 手術を評価するPRO尺度の開発
第3章 手術手技そのものを評価する
第4章 手術を評価するQOL研究
終章 エピローグ