分析的観察研究

福島県立医大低侵襲腫瘍制御学講座

  • HOME »
  • 福島県立医大低侵襲腫瘍制御学講座

消化器外科・内科を中心に臨床研究の手法を体系的に学び、かつ専門医や学位などを効率よく取得したいという若手医師を募集しております。

詳しいプログラムは別サイトに掲載していますので是非ご覧ください。

福島県では(他の地域と同じかもしれませんが)豊富な症例の割に若手医師の数が少なく非常にもったいない状況です。若手がどうしても中央に集まってしまうのは学習できる環境が整っているからだと思いますが、一方で郡山市のように比較的都会で、東京から新幹線で1時間ちょっと離れた程度のところでは、内視鏡治療や内視鏡外科は都心の何倍も経験できる病院があります。

症例数の豊富な病院での研修、学位論文の指導ができる大学講座とのコラボレーションにより、臨床研究を学びながら専門医の修練を両立するプログラムを立ち上げています。症例の割り当ての関係上、臓器別に少数の若手を雇用し集中的に内視鏡外科手術やESDを経験させ、短期間で一定の水準までレベルを引き上げます。また同時に、臨床研究の計画、実施、論文化まで徹底的に指導します。給与だけでなく必要な研究費も支給します。

条件やプログラムの詳細は専用のサイトに載せましたが、できたばかりの講座で個々のニーズに合わせて融通が利きますので、ご興味を持たれた方は遠慮なくお問い合わせフォームから連絡を頂ければと思います。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 外科領域の臨床研究 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.